当院が選ばれている理由

従来のレーシックと最も違うのは一人ひとりの患者さんに合わせたカスタムメイドの レーシックだということです。 一人ひとり顔が違うように目の状態も異なるわけです。通常のレーシックの場合はどの患者様にも画一的な治療となりますがアイレーシックの場合は視力検査や角膜の状態を 検査して手術への適応性を調べ一人ひとりの患者様に合わせた手術を提供する これがアイレーシックです。そのために術後の視力がよりクリアに見えたり何よりも 心配される合併症などが発生する可能性を極限まで低減できる現在ある中では 最も安全性の高い手術方法がアイレーシックと言えます。 当院のアイレーシックは日本の厚生労働省の認可を正式に受けている世界シェアナンバー1のエイエムオー社製手術器械を用いたレーシック手術を導入している神奈川県 唯一の眼科専門医であるため患者様から選ばれています。

通常のレーシックと当院のアイレーシックの違い

レーシック

レーシックは、マイクロケラトームを使用し角膜にフラップを作製した後、フラップをめくりエキシマレーザーによって角膜の表面組織(角膜実質)を削り、角膜の屈折力を変えることにより近視を治す外科的矯正方法です。

アイレーシック®(iLASIK®)

アイレーシック®(iLASIK®)は、レーザーを使用し角膜にフラップを作成した後、エキシマレーザーを一人ひとりの眼に合わせてカスタム照射します。同じ視力でもよりクリアに見えたり、夜間の視力が向上したりといったメリットがある視力矯正方法です。

術後の状態の一例

クリアなコントラストで、より質の高い見え方

アイレーシック®(iLASIK®)は、お一人おひとり異なる角膜のわずかな歪みまで矯正できるので、ただ視力を改善するだけでなく、見え方の「質」も向上します。
(※見え方には個人差があります)

同じ視力でも違う、夜間の見え方

アイレーシック®(iLASIK®)はこれまでのレーシックと違って、ただ視力を回復させるだけでなく、夜間の見えづらさを大幅に軽減します。他の視力矯正手術よりも4倍多くの方が「夜間の視力が良くなった」と回答しています。(アメリカAMO社調べ)
(※見え方には個人差があります)

治療の流れ

1 適応検査(無料)

目の状態は人により千差万別であり、全ての患者様にアイレーシックをお勧めするものではありません。 他の治療方法がいい場合もあり、まずは適応検査を受けて頂きどのような治療方法が 最もいいのか診断させていただきます。 #適応検査は保険診療で出来ます。料金は2500円から3000円程度です。

2 コンサルティング(無料)

検査結果を元に患者様にもっとも適した治療方法をご提案させていただきます
# 注 お車、バイク、自転車での来院は控えて下さい

3 術前検査(保険診療3000円程度)

適応検査に誤差がないか再度、検査します。

4 診察・コンサルティング

#注
手術当日までコンタクトレンズの使用は3週間程度、控えていただきます。(ハードレンズの場合)
これまでに薬アレルギー経験のある方はお申し出下さい。

5 手術

手術同意書の提出と再度、術前診察の上、問題がなければ手術です。
安全と清潔のために目の周囲の消毒や患者様に手術用帽子の着用
その後、点滴麻酔を行います。麻酔のため手術中はほとんど痛みは感じません。
手術にかかる時間は15分から20分程度です。

6 術後診察

20分ほどゆっくりと休んでいただきます。医師が術後の目の状態、フラップの位置 異物等の確認を行います。 その後合併症予防のための点眼薬投与、指示に従い必要回数を点眼していただきます。

7 翌日検診

必ず受診していただきます。

費用について

体験者の声

問い合わせフォーム

電話での予約やお問い合わせは 0120-972-964

プライバシーポリシーはこちらから

受付時間:10:00〜18:00 定休日:日曜日
(上記時間外は自動音声対応)
アイレーシック担当受付:東川宛にお電話ください。

メールでの適応検査予約やお問い合わせはこちらから

ご依頼の内容を選択ください
適応検査予約
第1希望日 時より
第2希望日 時より
お名前
ご住所
都道府県
市区町村(全角)入力例:鎌倉市小町

丁目番地 マンション名等(全角)入力例:1−6−8 リアスコビル2F
電話番号 (半角数字とハイフンのみ) 入力例:090-1234-5678
メールアドレス (半角のみ)
お問い合わせ内容 例)乱視でもレーシックは出来るか?など
返答方法
電話連絡希望時間帯
時から

当院への来院方法はこちらです。

所在地 神奈川県鎌倉市小町1-6-8
連絡先 0120−972−964
院長  佐田敏朗
経歴
1994年日本医科大学卒。日本医科大学第一病院にて麻酔科研修後、横浜市立大学医学部付属病院に所属する。この間、同大学病院、函館の藤岡眼科病院、小田原の佐伯眼科クリニックへの勤務を通して白内障手術はじめ眼科一般の経験を積む。
2002年より東京歯科大学市川総合病院眼科にて角膜疾患の診断・治療に携わり、また同年より東京歯科大学水道橋病院眼科にてLASIKをはじめとする屈折矯正手術と日帰り白内障手術を専門に行う。
2006年国際親善総合病院眼科部長に就任。網膜硝子体疾患に対し手術および内科的治療(光線力学療法、抗血管内皮増殖抑制因子硝子体注射療法など)を導入し、多数の患者さんの診断と治療を担当。
2010年、戸塚駅前 鈴木眼科を開院。
2011年、鎌倉近視老視クリニックを開院。